慶應義塾大学・法学部『英語』問題分析 -現役慶応大生が徹底解説-

◎試験の概要

◎ここ数年を通じての全体概観

 慶應義塾大学法学部英語の試験の最大の特徴は、試験時間が80分と他の同レベルの大学・学部と違って試験時間が短いことだ。

その割に問題数(解答個数)は60問弱と分量が多いものとなっているため2000年代の入試問題に比べれば易化傾向ではあるものの依然として、受験生にとってはかなり難しいものであり、それ相応の対策が必要となる。

また、全体の配点に対する英語の配点が大きすぎるため(全体の50%)、英語の出来不出来で合否がほぼ決まってしまうといっても過言ではない。そのため、英語の勉強がいかに大事であるかが分かる。

 出題内容を分析してみるとその内容は多岐にわたり、発音・アクセント、文法、会話問題、単語意味判定問題、総合長文読解問題などが出題されている。特に文法、会話問題、長文問題は毎年出題されており、そのレベルも高いが中には基礎的な知識を問うている出題も見られるのでそれらの問題を取りこぼさないで正解することが必要である。

ただし、出題形式は基本的には前年度の問題形式を踏襲するケースが多く(若干の変更はあるが大きなものではないケースが多い)、全く新しいタイプの問題が出るのは数年に1度であるので、もし新しい形式の問題が出たらその場で落ち着いて問題内容を理解して処理していけば問題はない。

また、かつて(2000年代)毎年出題されていたインタビュー形式の問題(インタビューアーの質問に対する適切な応答を選ぶ問題)はここ数年姿を見せていないが、突然出題されるケースもある(2014年度)ので過去問を通じて対策を練っておくことは非常に重要である。