立教大学 世界史(2019年) 異文化コミュニケーション/法/経済(経済政策) -立教大学特待生が徹底解説-

今回は、武田塾松戸校の講師で立教大学法学部に特待生で合格した講師に世界史の問題を解説してもらいました。

立教大学の法学部・異文化コミュニケーション・経済学部(経済政策学科)を受験する方はぜひ問題と見比べながら見てみてください。

【傾向】

  • 例年、大問が2か3個である(近年は2題の年が多い)
  • 出題範囲は、幅広い分野から出題されているため、満遍なく学習することが必要である。
  • 基礎的な問題が多く、難問は3問ほどなので高得点が要求されるであろう。
  • 直前期の学習では一問一答(東進ブックスがオススメ)で知識を補強し過去問演習のなかで知識の定着を図りたい。
  • 解説のなかで難易度について言及するので参考にしていただきたい。(○基本レベル △ 応用レベル × 解答不能レベル)

I . 書物に関する話題から

A

イ. セレウコス ○

空欄の後ろにシリアと書いてあるためすぐに解答出来たであろう。

ロ. ティベル ○

都市国家ローマの問題では地理的要素が聞かれることが多い。ティベル川河畔に建設されたことは頻出なので必ず正解しておきたい。

ハ. エトルリア ○

これも都市国家ローマの出題では頻出である。必ず正解しておきたい。

二. オクタウィアヌス ○

「アウグストゥス」の称号を与えられたと書かれているところをヒントに解くことができる。

ホ. エウセビオス △

『教会史』・『年代記』の著者を答える問題。
一問一答(東進ブックス)にも載ってはいるが難しい問題であっただろう。
難関大受験生にはこの知識に加え、エウセビオスの神寵帝理念も併せて覚えておきたい。

B
1. a ◯

シュメール人の都市国家として、ウル、ウルク、ラガシュが挙げられるのは基本レベルである。消去法でも解ける問題である。ちなみに、イェリコはヨルダンにあり農耕・牧畜がさかんであったな地域である。

2. d △

古代の民族について、語系まで正確に暗記するのは難しいと思われる。大変ではあるが正確に覚えておきたい。

3. エクバタナ ×

用語集には一応書かれているため正解した人もいるだろうが、ほとんどの受験生が取れなかったのではないだろうか。メディアの都の他にリディアの都も聞かれることがある。リディアの都はサルデスである。余力があれば覚えておきたい。

4. カデシュの戦い △

一問一答のやり込み度が高い人なら解けた問題であろう。差がつく問題であると言える。カデシュの戦いの後に結んだ講和条約が確認できる最古の条約であることも覚えておきたい。

5. オストラシズム(陶片追放) ◯

基本レベルになるため必ず正解しておきたい。

6. 蘇秦 ◯

縦横家として、蘇秦の他に張儀も覚えておきたい。選択肢bの鄒衍は応用レベルになるだろう。彼は、陰陽家の代表的学者である。

7. a ◯

〜の戦いはどの戦争でのものであるか正確に覚えておきたい。

8. コイネー ◯

共通ギリシア語であるコイネーは基本レベルである。

9. エウクレイデス ◯

基本レベルである。エウクレイデスはユークリッドとも表記されることがあるので注意しておきたい。

10. c ◯

ホメロスの著作は頻出である。『イリアス』『オデュッセイア』どちらも覚えておきたい。

11. a ◯

全自由人にローマ市民権を与えたのはカラカラ帝である。これをアントニヌス勅令という。

12. テオドリック ◯

基本レベルである。東ゴート王国の都ラヴェンナも併せて覚えておきたい。

13. トリボニアヌス ◯

基本レベルである。

14. ベネディクトゥス ◯

「祈り、かつ働け」という標語も覚えておきたい。

A
イ. ジャクソン ◯

基本レベルである。有名な大統領は何代目であるかも正確に覚えおくと良い。

ロ. 涙の旅路(涙の道) ×

一問一答に記載はされているが問題にはなっていないため覚えている人は少ないと思える。チェロキー族とセミノール族の名前だけは必ず覚えておきたい。

ハ. バグダード ◯

3B政策のことが頭に入っていたら解ける問題であろう。

B

1. アイルランド ◯

「ジャガイモ飢饉」のヒントで正解できたであろう。

2.苦力(クーリー) △

移民について学習をしていた人は正解できたであろう。差がつく問題といえるだろう。

3.

ⅰ. c b a d △

補足説明
アメリカの領土拡大については、どこの国からどこの地域を獲得したのかについては覚えている人も多いだろうが、年代までしっかり暗記できていた人は少ないと思われる。差がつく問題であるといえる。

1803 フランスからルイジアナ買収
フランス統領政府がこれを行ったとフランス革命の学習において把握しておくことができたら年代把握は可能であろう。

1819 スペインからフロリダ買収
モンロー大統領時代と覚えていたら年代把握は可能。

1846 オレゴン併合
1867 アラスカ買収
の2つは年代把握が難しかったであろう。これを機に暗記しておきたい。

ⅱ.マニフェスト=ディスティニー(明白なる天命) ◯

西部開拓を正当化するためのスローガンとして有名。

4. b a d c △

aに記載のダージリン=ヒマラヤ鉄道という言葉から難しいと思われるが、インド帝国とあるので冷静になれば年代把握が可能であっただろう。ここができたら、正解できたはずだ。

5

ⅰ. マムルーク朝 ◯

マムルーク朝を滅ぼし、メッカとメディナの支配権を得たことも覚えておきたい。

ⅱ. ミドハト憲法 ◯

基本レベルである。アジア初の憲法ということも覚えておきたい。

6. ヴィルヘルム2世 ◯

世界政策のヒントから正解できただろう。

7. d a b c ◯

第一次世界大戦への協商国側の動きは頻出である。正確な流れも理解している人は多いと思われる。まだ、不安のある方は確認しておこう。

8. ハイデガー △

これは、消去法で解く問題と思われる。アインシュタインに関しては頻出なので確実に覚えておきたい。

9. ルワンダ内戦 △

現代史は苦手な受験生も多いだろうが、近年のセンター世界史でもルワンダ内戦が出題されたため、過去問演習をした受験生は正解できたであろう。

10.

ⅰ. c ◯

国連高等弁務官事務所の弁務官である緒方貞子さんも覚えておきたい。今年亡くなられたこともニュースになったため目にした受験生も多いだろう。

ⅱ. エチオピア ◯

1930年代にイタリアに併合されたことがわかっていたら正解できたであろう。

【まとめ】

基本問題を中心に構成されているため、センター試験レベルを確実に覚えることが合格に繋がると考えられる。難問に目が行きがちだが、立教大学ではあまり難問は出題されない(今回は2問)ため、基本をしっかり固めた後に難問に取りかかりたい。

立教大学の問題では基本事項の暗記が大事になってきます。そのような基本を身につけるためには、何の参考書を使って、どのようにして覚えたら良いのかなど疑問をお持ちの方は一度無料受験相談にお越しください。

無料受験相談

受験相談では

  • あなたのための奇跡の逆転合格カリキュラム
  • 1週間で英単語を1000個覚える方法
  • 合格までやるべきすべてのこと

などについてお話しさせていただきます

「絶対に志望校に合格したい」という気持ちがあれば、

今の成績や高校のレベルは関係ありません。

「模試でE判定だけど合格できるかな?」

「受験勉強って何から始めれば良いの?」

「勉強してるのに成績が上がらない・・・」

とお悩みなら武田塾の無料受験相談にお越しください。

あなたが志望校に合格できるよう全力でサポートさせていただきます。

おすすめ記事