早稲田大学・法学部『国語』 問題分析-現役慶応大生が徹底解説-

今日は、早稲田大学法学部にも合格したA先生に、早稲田大学の法学部の国語について分析してもらいました。

よかったら読んでみてください!

A先生の合格実績は以下の通りです。

合格実績

慶應義塾大学法学部法律学科
早稲田大学政治経済学部政治学科
早稲田大学法学部
早稲田大学教育学部社会科学専修
早稲田大学商学部
中央大学法学部法律学科
中央大学商学部経営学科(センター利用)
明治大学法学部法律学科(全学部)

◎試験の概要

◎ここ数年の全体概観

 早稲田大学法学部の国語の入試は間違いなく私大最難関試験であり、東大や京大、一橋とはまた違った難しさがある。それは、古文・漢文・現代文と全ての文章が比較的難しいことは当たり前として、選択肢の中にも非常に紛らわしいものを配置しており、本文との緻密な照合が必要となるためである。

現代文について、早稲田大学全学部の傾向として穴埋め補充問題が多いのが特徴で、「穴埋め問題を制する者が早稲田を制する」と言っても過言ではないのだが、法学部はちょっと様子が異なる。

特に第4問において記述問題が最後に設問されている都合上、不用意に多くの空欄補充問題を設定することが出来ず、傍線部の意味や理由を問うオーソドックスな形式が多いのも特徴である。

ちなみに穴埋め補充問題の攻略が大事なのは、本文の大事な箇所を空欄として問うてくるためである。それはつまり、本文の大事な箇所を読み取れなければ空欄補充問題が解けなくなり、さらにはそれを元にそれ以外の傍線部の問題や本文全体の内容合致の問題も作られているので、空欄補充が上手くいかなければ、大問丸ごと総崩れしてしまう可能性があるのだ。

 古文や漢文についても高いレベルでの出題が目立つので、しっかりとした対策が必要となる。かつては古文・漢文が同じ大問で出題されていた事もあったが、近年は別々の大問で出題されている。

特に2017年度以降全ての学部で問題のレイアウトを統一してからはその傾向が続くだろうと思われる。