【2020合格体験記】日体柏(偏差値53)から明治大学商学部合格!日体柏出身の努力家!!

曽我さん画像.001

名前:A・Sさん
高校:日本体育大学柏高校(千葉県)
コース:個別管理特訓SL(英語・国語・世界史)
入塾時期:6月5日
校舎:松戸

合格大学

明治大学商学部

法政大学経営学部経営戦略学科

成城大学経済学部経済学科

成城大学経済学部経営学科(センター利用)

日本女子大学家政学部家政経済学科(センター利用)

武田塾に入ったきっかけ

私が入塾を考えた時には、駿台はもう締め切っていて(笑)、河合塾には浪人していることを知られたくない浪人の知り合いがいて(笑)、武田塾に受験相談に行きました。でも、いま思えば武田塾に入塾してよかったなと思います!

武田塾に入ってから勉強法や成績がどのように変わりましたか?

1日ごとに、やることがしっかり決まっていたので、毎日計画的に勉強することができるようになった。例えば、英単語帳は一度覚えたら滅多に開いていなかったが、毎週確認テストがあるので毎日開くようになり、多くの単語を定着させることができた。

入塾後初めての模試で、英語,国語,世界史B全てにおいて高校3年生の時の模試よりも偏差値が大幅にUPした。

スクリーンショット 2020-05-12 16.11.52

(担当の)先生はどうでしたか?

内藤先生は、国語・世界史共にすごくわかりやすく、特に現代文は答えに根拠が見つけられなかった時に、すぐにわかりやすく説明してくれた。世界史も知識量がすごく+αの知識や出来事の背景まで丁寧に教えてくれたので、流れを理解することができてよかった。

秋山先生は、私的に、最初は少し怖かったけど本当は優しい先生で長文の読み方や、音読の大切さを教えてくれた。また、大学の過去問をやる際に、一緒に時間配分などを考えてくれた。

この2人の先生がいなければきっと明治大学には合格することができなかったと思うので本当に感謝しています。

武田塾での思い出は?

塾の担当の先生と大学の話などをたくさんして、モチベーションを上げることができた。

浪人の友達とたまに昼食を一緒に食べて良いリフレッシュになった。

毎日夜遅くまでずっと自習室で勉強した。

MARCH突破テストや早慶突破テストは、誰よりも苦戦し、ほとんどすべてのテストを使い果たした。
(突破テストとは、その大学の過去問を使って学力の到達度をはかるテストのこと)

最初はなぜか多くの人に怖がられていたこと(笑)

いろいろあったけど、なんだかんだ楽しい浪人生活でした!!

来年度以降の受験生にメッセージ

2年前のセンター同日模試で英語の点数が2桁だった私でも、しっかり合格することができたので、努力次第で未来は変えられると思います。受験は辛いと思いますが、逃げずに頑張ってください!!

校舎長のコメント

Sさんは、毎日10時間以上勉強していたことが印象的です。誰よりも努力した1年だったんじゃないでしょうか?
受験相談に来た際に、毎日10時間以上勉強するのは浪人生にとっては当たり前だよという話をして、実際にそれをやり遂げたからこそ結果がついてきたと思います!

センター試験でも思うように点数が取れなかったり、2月前半の私大入試でも過去問を解いた時と同じように力を発揮できなかったりと悔しい思いをしたのを目の前で見てきたので、明治大学商学部に合格できて本当に良かったと思います!

努力量で明治大学の看板学部である商学部の合格を勝ち取ったと思います!

(あ、明治商学部に合格した時に嬉し泣きしながら電話をかけてきたことはみんなには秘密にしておくね!!笑)

4月からは楽しい大学生活を送ってください!!武田塾の講師として、今後ともよろしく!!!